Folgen
田中英彦
田中英彦
情報セキュリティ大学院大学 名誉教授
Bestätigte E-Mail-Adresse bei iisec.ac.jp
Titel
Zitiert von
Zitiert von
Jahr
岩波情報科学辞典
長尾, 真,石田
(No Title), 1990
671990
料理テキスト教材における調理手順の構造化
浜田玲子, 井手一郎, 坂井修一, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 85 (1), 79-89, 2002
442002
音楽情景分析の処理モデル OPTIMA における和音の認識
柏野邦夫, 木下智義, 中臺一博, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 79 (11), 1762-1770, 1996
401996
音楽情景分析の処理モデル OPTIMA における単音の認識
柏野邦夫, 中臺一博, 木下智義, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 79 (11), 1751-1761, 1996
401996
手書き文字認識における投影距離法
池田正幸, 田中英彦, 元岡達
情報処理学会論文誌 24 (1), 106-112, 1983
331983
動きに基づく料理映像の自動要約
三浦宏一, 浜田玲子, 井手一郎, 坂井修一, 田中英彦
情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア (CVIM) 44 (SIG09 (CVIM7)), 21-29, 2003
282003
ショット分類に基づく映像への自動的索引付け手法
井手一郎, 山本晃司, 浜田玲子, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 82 (10), 1543-1551, 1999
281999
周波数成分の重なり適応処理を用いた複数楽器の音源同定処理
木下智義, 坂井修一, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 83 (4), 1073-1081, 2000
232000
マルウェア亜種の動的挙動を利用した自動分類手法の提案と実装
堀合啓一, 今泉隆文, 田中英彦
情報処理学会論文誌 50 (4), 1321-1333, 2009
182009
料理映像の構造解析による調理手順との対応付け
三浦宏一, 高野求, 浜田玲子, 井手一郎, 坂井修一, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 86 (11), 1647-1656, 2003
182003
Handy Scissors: 悪性文書ファイルに埋め込まれた実行ファイルの自動抽出ツール
三村守, 田中英彦
情報処理学会論文誌 54 (3), 1211-1219, 2013
152013
アプリケーションの実行状況に基づく強制アクセス制御方式
原田季栄, 半田哲夫, 橋本正樹, 田中英彦
情報処理学会論文誌 53 (9), 2130-2147, 2012
142012
料理映像の特徴を利用した要約手法の検討
三浦宏一, 浜田玲子, 井手一郎, 坂井修一, 田中英彦
信学技報, PRMU2002-22, 15-20, 2002
132002
大規模データパス・アーキテクチャの提案
辻秀典, 安島雄一郎, 坂井修一, 田中英彦
情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ (ARC) 2000 (74 (2000-ARC-139)), 49-54, 2000
112000
大規模データパスプロセッサの構想
中村友洋, 吉瀬謙二, 辻秀典, 安島雄一郎, 田中英彦
情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ (ARC) 1997 (61 (1997-ARC-124)), 13-18, 1997
91997
CC-Case―コモンクライテリア準拠のアシュアランスケースによるセキュリティ要求分析・保証の統合手法
金子朋子, 山本修一郎, 田中英彦
情報処理学会論文誌 55 (9), 2134-2148, 2014
82014
アクタ関係表に基づくセキュリティ要求分析手法 (SARM) を用いたスパイラルレビューの提案
金子朋子, 山本修一郎, 田中英彦
情報処理学会論文誌 52 (9), 2775-2787, 2011
82011
C&C セッション分類によるボットネットの検出手法の一検討
阿部義徳, 田中英彦
FIT2007, L-033, 77-78, 2007
82007
テレビニュース字幕の語義属性解析のための辞書作成
井手一郎, 浜田玲子, 坂井修一, 田中英彦
電子情報通信学会論文誌 D 85 (7), 1201-1210, 2002
82002
料理映像における繰り返し動作のスポッティング手法
浜田玲子, 坂井修一, 田中英彦
電子情報通信学会技術研究報告= IEICE technical report: 信学技報 101 (204), 77-82, 2001
82001
Das System kann den Vorgang jetzt nicht ausführen. Versuchen Sie es später erneut.
Artikel 1–20